JAいわみざわの概要

経営理念 ~全役職員が共通して持つ基本的考え方~

❶ 組織ミッション ~豊かな地域社会の実現にむけた、JAいわみざわの存在意義

 目指すのは、「地域と共に生き、貢献する農業の展開」です

 1)「組合員の所得向上」と「農村地域の活性化」により、持続可能な農業経営を確立すること。
 2)総合相談窓口機能の強化により様々なニーズを汲み上げながら、きめ細やかに対応することで
   、 組合員の営農と生活を支えること。
 3)消費者・実需者が求める安全で安心な農畜産物を安定的に生産するとともに、総合JAとして
   各種事業を通じ、地域社会を支えていくこと。
    
❷ 経営ビジョン ~JAの経営指針、経営戦略の基本

 1)私たちは、組合員の営農と生活を守りながら、ともに発展するJAであることを認識し、組合
   員 および地域社会に対し情報開示とその意思反映を積極的に進め、最大のサービスを提供する
   とともに、対外的に信用される事業を展開します。
  
  ①地域に密着した営農相談活動により、担い手の育成・支援をはじめ、地域資源を最大限に活用
   した農業振興方策を実践します。
  ②営農相談機能と販売の強化やスケールメリットを生かした生産資材の供給など、組合員の所得
   確保に繋がる事業を展開します。
  ③総合JAとしての機能を生かしながら地域に求められる事業を展開するとともに、食農教育な
   どを通じて地域社会に貢献します。

 2)私たちは、役職員が一体となって協同組合運動の基本的な定義・価値・原則に基づいた事業展
   開により、組織基盤の安定化と採算性の確保によって健全経営に努めるとともに、組合員およ
   び地域社会に選ばれ、共に歩むJAを目指して組織・事業運営を改革していきます。

  ①環境変化を的確に捉え、時代に即した協同組合となるため組織・事業運営を改革します。
  ②環境変化に耐えうる財務基盤を構築します。
  ③様々なニーズに対応していくためのスペシャリストを、計画的に養成していきます。
  ④目標・目的の明確化と成果・貢献に対する適正な評価を基準とした、働き甲斐のある職場環境
   を形成します。

❸ 経営姿勢 ~JA経営に取組む基本姿勢

 1)正組合員に対して

   組合員への最大のサービスを提供していくために、営農相談機能と販売の強化、組織のスリム
  化や業務の効率化を進めていきながら、組合員の利益につながる事業を展開していきます。
   また、地域に密着した事業活動により、営農と暮らしを強力にサポートしながら、組合員とと
  もに豊かな地域農業の実現を目指します。

 2)准組合員・地域住民および消費者に対して
   農業やJAへの理解を促進し、地域に頼られるJAとして存続していくためにも、経営の健全
  性を高めるとともに、食農教育活動や地産地消の推進、地域密着型の各種事業を通じて地域イン
  フラとしての機能を発揮し、地域社会を支えていきます。
   また、安全・安心な農畜産物の安定供給、需要に即した生産を行っていくための産地を形成し
  ます。

❹ 行動規範 ~組織の構成員としての期待像、考え方、行動のあり方

 (組合員、役員、職員)
  ・法令・規範等を遵守し、公正に行動します
  ・率先してJAの事業を利用します
  ・組織の一員として総合的な成果の向上を目指します

 (職員)
  ・経営理念、方針に沿った行動に徹します
  ・常にコスト意識を持ち、「費用対効果」を追求します
  ・利用者への総合的な満足度の提供を目指し、横断的な連携・協力を行います
  ・問題意識を持ち、発想の転換と創意工夫にチャレンジします
  ・プロフェッショナルを目指し、自己啓発に努めます
  ・誠意と情熱をもって笑顔で対応します
  ・コンプライアンス(法令遵守)を徹底します



JAいわみざわは、
  「よかったといわれるJA」
    あってよかった、来てよかった、
    使ってよかった、相談してよかった・・・
              を目指しています。